News

ALL

Live/Event media 【スペシャルインタビュー公開!】predia『Best of predia THE ONE』オフィシャルインタビュー(Official Site ver.)

prediaBest of predia "THE ONE"』発売記念オフィシャルインタビュー


 

prediaメンバー:

まえだゆう/ちゃんころぴー

青山玲子/れいちゃん

村上瑠美奈/るみな

湊あかね/あかねん

岡村明奈/あっきー

林弓束/ゆったん

水野まい/まいまい

松本ルナ/ルナルナ

沢口けいこ/けいたん

桜子/さくらちょ

 

--ベストアルバム『Best of predia "THE ONE"』発売タイミングということで、ひとつの集大成感もあると思うのですが、今現在のprediaはどんなグループになっているなと感じていますか?

 

まえだゆう:今がいちばん最強!

 

一同:(笑)

 

まえだゆう:継続力や結束力もそうだし、あらゆる面で今は最強なprediaを見せられているんじゃないかなと思います!(ピースマークを決める)

 

湊あかね:大人なんで、酸いも甘いも知って、より味が出ているグループなんじゃないかなと思いますね。仕草とか表情とか所作に経験が滲み出ている。指の動きひとつ取っても。

 

林弓束:ハイヒールで踊り続けているのもprediaの魅力ですよね。やっぱり「アイドル」と聞くと声も動きも可愛らしいイメージだと思うんですけど、歳相応のこういうアラサーのグループってあんまりいないと思うんです。それでいてアイドルらしい部分もちゃんと兼ね揃えているので、この感じが刺さる層は確実にあると思うんですよね。

 

桜子:全国ツアー【predia tour "THE ONE" 】セミファイナル(122日のヒューリックホール東京公演)の映像を観ていたんですけど、本当に「自分って格好良いな」と思って。

 

--自分だけですか?

 

一同:(笑)

 

桜子:あ、自分たちです! 自分たちを自分で観て「格好良いな!もっと同世代の女性の中でも流行っていいのにな!」と思ったんですよね。

 

林弓束:わかる!

 

桜子:格好良い30歳前後の女性像として、女性からも憧れられるような存在になっていきたいなと思ったので、今後もっと女性ファンも増やしていけるように頑張りたいです。

 

沢口けいこ:私はprediaの楽曲の格好良さと普段の個性、そのギャップが武器だなと思っていて。8年ぐらい一緒に過ごしていると、もう隠すモノって何にもなくなるんですよ。本当に家族以上にいっしょにいるんで、何かあったら報告するし、なんなら報告しなくても「あ、今日何かあったでしょ?」って気付いちゃう。例えば、体調悪いところを隠していてもみんな気付くし。

 

桜子:バレバレだよね。

 

沢口けいこ:そのぜんぶ明け透けでオープンな感じが「prediaの魅力に繋がっているのかな」と思っていて。若いアイドルちゃんはやっぱりアイドル像を作り上げて、そこに向かって頑張る。でも私たちはもうそういう年齢は超えましたし(笑)、すべてをさらけ出してナチュラルな自分で愛してもらう。という次元に近づけているのかなって思います。

 

青山玲子:私たちはパッと見だと「ちょっと近寄りがたい、大人のおねえさんたちが並んでいる」という印象だと思うんですけど、一歩踏み込んでもらったらメンバーひとりひとり個性的で全然違うし、本当に「十人十色という言葉は私たちの為にあるんじゃないか」と思うぐらい色が違うから、私たちの個性を楽しんでもらえると思うんですよね。よく言う「沼」じゃないですけど、誰かしらにハマるんじゃないかな。

 

--実際、長くハマっているファンは多いんですか?

 

青山玲子:長いファンの方は多いですね。ファンの方も共に年齢を重ねていって、結婚したり、出産している女の子のファンもいるし、赤ちゃんを抱っこさせてもらうこともあったりして、一緒に成長していってる感はすごくあります。ちびっ子のファンが大きくなったりもしてるから(笑)。

 

岡村明奈:それだけ年齢を重ねてきたこともあって、ドレスがとても似合うグループになったなと思います。私服っぽい衣装で踊るアイドルの子たちは多いけど、こういうドレスっぽい衣装で踊るグループってなかなかいない。だから自分でステージを観ていても「素敵だな」と思うんで、そこも魅力かなと思いますね。

 

松本ルナ:今回のアルバムタイトルが『Best of predia "THE ONE"』で「唯一無二」という意味なんですけど、本当にこの10人は個性豊かだし、それぞれの唯一無二の輝きがギュッと詰まったグループだからこそ、表現できているモノがいっぱいあるんですよ。だからファンになってくれる皆さんにとっても「唯一無二なグループになりたいな」と思います。ピョンって!

 

--ピョン(笑)?

 

松本ルナ:タッタッタ!って。

 

--擬音のチョイス、おかしいですよね?

 

一同:(笑)

 

松本ルナ:ライブに来たら元気になったり、笑顔になったり、届けられるモノがたくさんあると思うので、ぜひ来てもらいたいなと思います!

 

水野まい:私たちは20代をprediaに捧げてきたんですよ。だからずっと女子校みたいなノリなんですけど(笑)、でもこの女子校感というモノも世に届けたいと思っていて。アーティスト写真とかのイメージでちょっとツンケンしているように思われがちなんですけど、例えば、YouTubeにオフムービーとかも公開しているので、そういったモノもチェックしてもらいたいなと思います。喋り出したら本当に愉快な仲間たちなんで!

 

--それは今すごく感じています(笑)。村上さんは今のprediaにどんな印象を?

 

村上瑠美奈:8年間続けてきたからこそ「大人アイドルと言えば、predia」と思ってもらえるようになって、他のアイドルの方からもそういう風に言ってもらえることもあるし、ひとつ確立できたと思うんですよね。それが今私たちの自信になってパフォーマンスにも表れているし、楽曲にも反映できているのかなと思うんです。あと、アラサーの年代で「絶対に自分たちで夢を叶えるんだ!」という姿を見せることで「じゃあ、私もがんばろう」と思ってもらえることもあるだろうから、そういう部分をもっとたくさんの人に見せていきたいなと思います。

 

--皆さんのお話を聞いていて、prediaは「大人になっても終わらない青春」を体現しているんだなと改めて思いました。アラサーになってもアイドルとして夢を追い続けている唯一無二のガールズグループになっているんじゃないかなと。

 

一同:格好良い!

 

村上瑠美奈:今のフレーズ、何かで使いたい(笑)。

 

水野まい:メモっておかなきゃ!

 

--いつまでもprediaを継続していきたい想いは強いんですか? もしくは「そろそろ誰かと結婚して卒業したい」みたいな想いもあったりするんでしょうか?

 

一同:(笑)

 

林弓束:「ずっと続いていってほしいな」という気持ちはあります。やっぱり「大人アイドルと言えば、predia」というモノがこれから何年先も続いていってほしい。大人アイドルでしか歌えない曲もたくさんあるので、そういったモノをずっと受け継いでいってほしいなと思いますね。

 

沢口けいこ:ここに来るまで8年間かかったんですよ! 8年間って凄いことじゃないですか。それだけの時間をかけて築き上げたモノを解散とかで失ってしまう。正直それは考えられなくて、prediaを継続していくことで新しい道が開けると信じているんですよね。だから「大人アイドル」というジャンル自体をずっと持って続けていきたい。どういう形になったとしても、prediaは存在させていきたい。

 

--アイドルグループを永続させていくパターンって大きく分けてふたつあるじゃないですか。ジャニーズの男性グループのように何歳になっても同じメンバーで継続していくパターン。もうひとつはモーニング娘。のように卒業と加入を繰り返しながら継続していくパターン。どっちがいいですか?

 

一同:えぇー!?

 

松本ルナ:究極の選択!

 

水野まい:出来れば、このメンバーのままのパターンが良いですよね。

 

--prediaの場合は、そっちのほうが面白くなっていきそうですよね。

 

沢口けいこ:どっちも素敵な形だなと思います。個人的にはハロプロ好きなので(笑)加入と卒業を繰り返す、出会いと別れのエモさも素敵だなと思うし、それでも残っていくモノはあると思うし。なので、グループの為になるのなら私はどっちでもアリかなって。あまり頑固になり過ぎないで、そのときそのときで「prediaの為に」と思って選択していけたらそれがベストなのかなって。

 

村上瑠美奈:でも想像ができないですよね。自分たちが歌っていた曲を誰か違う人たちが歌う……その想像があんまり出来ないんですけど、私が今の歌って踊るスタイルをおばあちゃんになっても続けられるかと言ったら、絶対に出来ない。でもやっぱり自分が「やりきった!」と思えるところまで走り切りたい。……けど、どうなるんだろう?

 

桜子:何歳まで出来るかな?

 

まえだゆう:しかし、どっちにしても、自分たちで売れたい!

 

一同:(笑)

 

--自分が卒業した直後に大ブレイク! も有り得ますからね。

 

まえだゆう:ヤダ!ヤダ!ヤダ!ヤダァ~!

 

湊あかね:戻る、戻る!

 

沢口けいこ:私も戻ります!

 

--まさかの戻るパターン(笑)。

 

松本ルナ: 新しいね(笑)。

 

--そんなまだまだ可能性無限大の大人アイドルグループ・prediaのベストアルバム『Best of predia "THE ONE"』ですが、どんな作品になっているんでしょう?

 

まえだゆう:prediaが詰まり過ぎているアルバムです。prediaの歴史はもちろん、自分たちが表現したい楽曲をプロデューサーさんたちに相談しながら創ったりもしているので、10人のいろんな想いが詰まっているなって。

 

村上瑠美奈:私たちが重ねてきた時間があるからこそ出せる、唯一無二なグループのベストなアルバム。笑顔になれる曲もあるし、大人の曲もあるし、いろんな角度の魅力が詰まっているので、誰にでも刺さる可能性があると思います。このアルバムをきっかけにたくさんの人にprediaの魅力を知ってほしいですね。

 

Interviewer:平賀哲雄

PhotoJumpei Yamada


prediaオフィシャルサイトでは全員インタビューの掲載、

個別インタビューは「Billboard JAPAN」オフィシャルサイトにて掲載中!
http://www.billboard-japan.com/special/detail/2555 


■2019/2/2(土) predia tour "THE ONE" tour FINAL
TOKYO DOME CITY公演最終チケット先行
お申込期間:12/19(水)21:00~12/23(日)23:59
http://eplus.jp/predia-19hp3/  
※抽選先行受付